品質試験
トップページ > 品質試験

概要



名古屋建設技術センターは、公的な試験機関として公共工事、民間工事を問わず数多くの建設資材の品質試験業務を行っています。
また、ISO9001の認証を受け、これまで以上に顧客から満足され、社会的に信頼される品質試験機関を目指します。
なお、当センターは、コンクリート・セメント等無機系材料強度試験区分でのJIS A1106コンクリートの曲げ強度試験、JIS A1108コンクリートの圧縮強度試験において、ISO17025 に適合した工業標準化法に基づく試験事業者(JNLA)として認定を受け、特別な標章付の試験証明書を発行することができます。

【関連リンク】
→ ISO17025に基づいた試験事業者認定制度(JNLA)について(外部リンク)

 

品質試験概要受付案内
コンクリート試験れんが試験鋼材試験アスファルト試験土質試験骨材試験・再生骨材不純物量試験


沿革

平成 2年4月名古屋市より材料試験の業務を引き継ぎ、名古屋建設技術センターとして建設資材の品質試験を開始した。
平成 9年4月アスファルト混合物事前審査制度に基づく品質試験を開始した。
平成20年4月コンクリートの圧縮、曲げ試験につき、ISO17025に適合した工業標準化法に基づく試験事業者(JNLA)として認定、登録された。

平成22年4月コンクリート二次製品の曲げ試験及び鉄筋の引張・曲げ試験につき、ISO17025に適合した工業標準化法に基づく試験事業者(JNLA)として認定、登録された。

平成25年12月一般財団法人日本品質保証機構より、ISO9001マネジメントシステムの認証を受け、登録された。


お問い合わせ先

〒454-0832 名古屋市中川区清船町1丁目3番地
公益財団法人なごや建設事業サービス財団
名古屋建設技術センター
TEL (052)361-3700
FAX (052)361-1300
MAP
 

ページトップへ