財団について
トップページ > 財団について

概 要


【H29.4.1現在】  
名称公益財団法人 なごや建設事業サービス財団
代表理事上川 幸延
本部所在地〒460-0012 名古屋市中区千代田一丁目5番8号
中土木事務所ビル3F
設立年月日平成元年12月25日
基本財産3,000万円
職員数48人
 
 


目 的

公益財団法人なごや建設事業サービス財団は、まちづくりの基盤となる建設技術の向上及び建設事業の品質確保を支援し、併せて、安全快適な道路河川環境の創出のための事業を行い、もって良質な社会資本の整備の推進と都市機能の維持増進に寄与することを目的とする。


沿 革

 平成元年 11月 (財)名古屋市建設事業サービス財団設立発起人会が開催され、役員を選任し、寄附行為始め各規程の承認を受けた。
  12月 愛知県知事の許可を受け、正式に設立した。
 平成 2年 4月 事務局長始め派遣職員11名、固有職員4名の体制をもって、材料試験、図書の販売等の業務を開始した。
 平成 3年 4月 休日夜間緊急センターの運営、道路の区域標保全に係る調査等を名古屋市から受託した。


道路高架下駐車場(熱田駅前・庄内川橋)の管理運営を開始した。

 平成 4年 4月 路上放置自転車等の保管・返還及びリサイクル等の業務を名古屋市から受託した。
  6月 戸田川排水機場のポンプ運転操作業務を名古屋市から受託した。

 平成 5年 4月 名古屋市中土木事務所庁舎の管理業務を名古屋市から受託した。
  7月 道路台帳サービスセンターの運営業務を名古屋市から受託し、道路台帳等の閲覧及び複写サービス等の業務を開始した。
 平成 6年 4月 路上放置自転車等の撤去、運搬業務を名古屋市から受託した。
    名古屋市が設置する有料自転車駐車場の管理業務を名古屋市から受託した。

 平成 7年 5月 吹上駐車場の管理業務を名古屋市から受託した。

 平成 8年 4月 ガイドウェイバス志段味線の整備推進に関する調査業務を名古屋市から受託した。
    吹上中央帯駐車場の管理業務を名古屋市から受託した。

 平成 9年 4月 名古屋市が発注する公共工事に係る設計図書の販売事業を開始した。

 平成10年 4月 区域標販売業務を開始した。
  5月 上社駅南駐車場(パークアンドライド)の管理・運営を開始した。

 平成12年 4月 池下駐車場の管理業務を名古屋市から受託した。

 平成13年 4月 路上放置自転車等の海外リサイクル業務を名古屋市から受託した。

 平成14年 4月 高架下駐車場使用料の収納方法を口座振替方式に移行した。

 平成15年 11月 リサイクル自転車の利用促進を図るため、レンタサイクル事業を開始した。

 平成16年 1月 焼却灰溶融スラグ使用基準等を作成し、名古屋市へ報告書を提出した。
  7月 入札後資格確認型一般競争入札に関する設計図書のインターネットでの販売を開始した。

 平成17年 5月 市営地下鉄植田駅において、財団経営の植田第1・第2有料自転車駐車場を地元住民の協力を得て開業した。

 平成18年 12月 大曽根駐車場の管理業務を名古屋市から受託した。

 平成19年 4月 名鉄中京競馬場前駅において、財団経営の有料自転車駐車場を地元住民の協力を得て開業した。

 平成20年 4月 測量標の閲覧等の業務を名古屋市から受託した。
品質試験事業において、コンクリートの圧縮、曲げ試験につき、ISO17025に適合した工業標準化法に基づく試験事業者として認定、登録された。
  5月 販売書籍の一部についてCD-ROMによる販売を開始した。

 平成21年 9月 講習会の一部について、継続学習制度(CPDS)を導入した。

 平成22年 4月 品質試験事業において、コンクリート二次製品の曲げ試験及び鉄筋の引張・曲げ試験につき、ISO17025に適合した工業標準化法に基づく試験事業者として認定、登録された。

 平成23年 5月 名古屋市道路占用調整協議会における事務局の運営業務並びに名古屋市通学路安全点検調査の実施にあたり、運営及び関係機関との調整を行う業務を開始した。

 平成24年 4月 公益認定を受け公益財団法人なごや建設事業サービス財団へ名称変更した。

 平成25年

12月

材料試験事業において、品質マネジメントシステムについてISO9001に適合する事業所として認証、登録された。


お問い合わせ先

〒460-0012 名古屋市中区千代田一丁目5番8号
公益財団法人なごや建設事業サービス財団  総務課
TEL (052)265-1165
FAX (052)265-1166
e-mail:soumu@nkszaidan.or.jp

ページトップへ